「RADIKON Ribolla 2008」は単品飲みよりも食事とのマリアージュに最適 

今年の私の誕生日。万里子が友人を呼んで誕生会をしてくれた。

その時にいただいたのが、このラディコンとラディコングラス。

ラディコンは飲んだことがある。ただ、まさかラディコンを家で、1本飲む日が来るなんて想像もしなかった。しかも、ラディコングラスで。感激。

万里子も誕生日が私と同じ4月なので、万里子の誕生日に合わせて家で飲むことに。

RADIKON Ribolla 2008とラディコングラス

すっかり忘れていたのだが、ラディコンはボトルのサイズもコルクも既存のものではなかった。

RADIKON Ribolla 2008のコルク

ボトルのサイズは1,000ml。コルクは径が通常より小さく、長い。

RADIKON Ribolla 2008とラディコングラス

そして、この「RADIKON Ribolla 2008」はオレンジワインのタイプ。

何もかもが普通のワインと違う。

RADIKON Ribolla 2008の裏ラベル

飲んでみると、その複雑なアロマが口いっぱいに広がる感じ。出汁のような、今まで体感したことのない、濃厚な旨味と酸味のバランス。

ただ、私たちはあまりにもラディコンに対するあこがれが強すぎて、そのまま単品で飲むことにしたのだが、これがいまいちだったと感じた。

この出汁のような、葡萄の濃厚な旨味と酸味には、やはり食事とのマリアージュが最適。

ラディコンをラディコングラスで、家で飲む体験をさせてくれた友人に心から感謝。