「「好きなこと」だけして生きていく。」著者:心屋仁之助 【書評】

自分の中の、好きなことだけで生きていく覚悟を、あらためて感じた本でした。

私は昨年、ある覚悟から、行動の変化がありました。

それは、「会社に行きたくなければ行かない」という覚悟。

私はそれまで、経営者たるもの、会社には行くもんだと思っていたし、社員さんのモチベーションを上げ、方向性を示し、利益を上げるのが正しいと思っていました。

だけど、気づいたのです。ぜんぜん楽しくないと。

そもそも、そんなに人が好きじゃない。だから、社員さんと無理に関わっても、ぜんぜんうれしくない。なんか不自然だし。

楽しく、好きで、やりたいことをやっていたら、モチベーションなんて上げる必要ないし、そもそもモチベーションなんて、ない。

だから気づいたのです。「会社は行きたいときに行くもんだ」と。

今年の4月から鹿児島中央製茶の代表取締役になりましたが、4月1日から今日5月14日まで、出社したのは5日ぐらい。

「「好きなこと」だけして生きていく。」著者:心屋仁之助 【書評】

代表就任時に、社員さん全員を目の前にして言いました。

「この会社に、ものすごく興味があって、業績を上げることに興味があるか?と問われると、正直私にはない」

「だけど、幸せがいいよね。だからお互い幸せになることをしよう」と。

そこから私は、会社と、社員さんと適切に、必要なだけ関わるようになりました。

会社に行かない時間は、自分の好きなことをしています。そして、好きな事業にだけ関わるようにしている。ビール事業とか、真空分離事業とか。あとの事業は、好きな人たちがやってくれると。

自分で自分を制限しているリミッターに気づいて、自分の中の感度を上げて、自分の好きに忠実に生きていく。

己の内側の声に身をゆだね、そこにある。

自分に還ろう。

「好きなこと」だけして生きていく。
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 17,603