「はじまりファーム」のはじまり

軽い気持ちで、遊びのつもりで、土いじりがしたくて、畑仕事がしたくて。

この思いが自分の中にあるのは、うすうす気づいていた。

その思いが急に動き出した感じ。

そして、知り合いの不動産屋さんに連絡を。

もしかしたら不動産屋さんだったら、農地を貸してくれる人を知っているのではないかと。

そしたら、知ってた。

そして次の日、自宅から車で20分の場所にある鹿児島市内の「7畝」の農地を見に行くことに。

はじまりファーム

はじまりファーム

しかも、この土地、もともと有機栽培をしていた場所で、しかも近年は手を入れていない。

隣に違う方の畑があるけど、栽培していないらしい。周りは森。環境いい感じ。

しかも、無料で貸してくれることに。

もともと、この方、この7畝の農地を使用していたのだが、手が回らなくなって、放置していたのだとか。

だから、手を入れてくれるだけでありがたいと。私もありがたい。

最近は、こういう農地が増えてきているのだそう。

借りる畑に名前をつける気なんて、さらさらなくて。何となく、説明用に、軽い気持ちで「はじじファーム」って名前をつけたら、万里子から「なに、てめーだけの名前つけてんだよ!」と念が飛んできた。念なので、実際に言われたわけではありません。私がそう受け取っただけ。

そしたら、友人のサポートで「はじまりファーム」って名前をいただいた。

「はじじ」と「まりこ」の農園。そしてスタートの農園ということで、「はじまりファーム」。

なんか、いいじゃない。

ということで、「はじまりファーム」はじめました。