はじじ的断捨離 スーツ編

うすうす気づいてはいたけど、気づかないふりをしていたことを、断捨離と言う形で実行することにしました。

今回は、スーツ。

生活が変化し、スーツを着なくなった。特にセットアップのスーツを。

日常的に着なくなって2年は経つかもしれない。

仕事を人生の真ん中に置いて、働くために生きていたころには、必需品だったスーツ。

戦闘服みたいなもんだよね。戦う人生のための。

だけど、会社に必要な時に行くようにして、面白そうじゃない会合にはでない。

そうするとスーツが必要でなくなってしまった。

スーツでなくて、自分の着たい服を毎日着れるようになった。

スーツとシャツとネクタイの人生が悪いと言っているわけではない。

私は自分でそれを着ない毎日を選択したということ。

スーツを着て、会社に行く。これが人生当たり前だと思っていたからね。

もっというと、他に選択肢はないと。

なので今回は断捨離を。

スーツ断捨離前

こちらがスーツ断捨離前。かなりスーツが密集している。まるでスーツジャングル。

断捨離してみて気づいたのは、なかなか簡単にスーツを捨てられないということ。

断捨離を無理する必要はないけど、迷ったら捨てるがマイルール。

夏と冬のそしてフォーマルのセットアップスーツを残して、あとは捨てました。

もちろん、気軽に着れるジャケットはたくさん残したけどね。

スーツ断捨離後

こちらがスーツ断捨離後。

スーツだけじゃなくて、ネクタイにシャツも断捨離。

1着1着にスペースができて、通気もよくなりそう。

気になってた分だけ、かなりすっきり。