地力回復のための緑肥が芽吹いた 2018年12月10日のはじまりファーム2

畑の力、地力を取り戻すため、多様性、持続性を復活させるため取り組んだ緑肥。

撒いてから2週間で芽が出てきました。

2018年12月10日 緑肥の様子

2018年12月10日のはじまりファーム2の緑肥の様子

大きめの雑草を抜き、草刈り機で草を刈る。

大きめの雑草はほとんどがセイタカアワダチソウ。

それから刈った草を全面に草マルチ。

草マルチの草が乾燥したところで、燃やして草木灰にする。

その上から有機栽培の米ぬかと緑肥を撒いて、草木灰と米ぬかと緑肥の種が混ざるように軽くレイキで攪拌。

多様性のある雑草畑を作って、目に見えない微生物を活性化するために。