ハーブガーデン冬の装い 2018年12月10日のはじまりファーム

12月上旬に急激に寒くなり、はじまりファームの様子も変わってきました。

葉色の変化

寒くなってきて葉の色も変わってきました。

2018年12月10日のレモンバーベナ

南アメリカ原産のレモンバーベナ。黄色い葉っぱが増えてきた。

2018年12月10日のブルボンゼラニウム

南アフリカ原産のブルボンゼラニウム。葉が一部枯れてきた。

2018年12月10日のシトロネラグラス

南アジア原産のシトロネラグラス。茶色の部分が増えてきた。

種の採取

花が終わり、種が採取できるようになってきました。

スイートバジルの種

スイートバジルの種。

レモンバジルの種

レモンバジルが枯れ、種がついている様子。まだ少し緑が残っている。

ホーリーバジルの種

こちらはホーリーバジル。

エキナセアの種

エキナセアの種。まだ花が咲き続けてる。

ヒソップの種

ヒソップの花が枯れた様子。種の採取はもう少しかな。

コリアンダーの種

コリアンダーの種。

ハーブの様子

これらの種は採取して、来春撒く予定。芽が出るかどうかはわからないけどやってみよう。

ボリジの花

秋植えのボリジの花は通常4月~10月に咲くらしいのだが、今にも咲きそう(笑)暖かいからかな?

2018年12月10日のセントジョーンズワート

セントジョーンズワート。緑がとても美しい。

雑草の様子

今まで見られなかった雑草もちらほら。

ホトケノザ

冬の寒さから土を守ると言われるホトケノザ。コモンマロウの畝にびっしり。

ナズナ

マーシュマロウの畝に生えていたナズナ。土を浄化してくれるらしい。

ヨモギ

ひさしぶりに出会ったヨモギ。虫をコントロールする役割があるらしい。

調べたら鹿児島は1月が一番平均気温が低い月らしい。

冬のハーブを見守っていきたい。