私の体重が1年間で5kg減った理由

今朝、普段はめったにのらない体重計が気になりのってみると、何と70.6kg。結婚してから一番痩せてるw ちなみに万里子も、今朝計測したら、結婚してから一番痩せていたらしいw

体重は重いから悪いとか、軽いから良いとかではないと私は思っているが、今は心身ともに軽やかさを以前よりは感じられるようになっている。

私が体重を意識したと認識しているのが高校時代。バスケットボールをやっていたこともあり、人生筋肉MAX時代の体重は75kg。BMIによる私の身長での適正体重は72.2kgであるから、高校時代はしっかりと筋肉がついていたため多少重かった。その後、東京の大学に進学し、親元を離れ、体育会系のバスケットボールをやらなかったこともあり、体重は65kgまで落ちる。運動もそこそこだし、何よりしっかりと食べなくなったからね。

その後、だいたい72kg代で推移していた。私の人生MAX体重は80kg。これは1回目の結婚の時。不規則な生活から、家でちゃんと食べるというスタイルに変わったとたんみるみる太り、80kgにw ちなみに、このとき尿酸値の値も急激に上がり、医者から指導がw この時はさすがに焦り、ヨガや筋トレで体重を落とし、それに伴い尿酸値も落ち着いていった。

で、その後はだいたい75kgで推移していた。それが、久しぶりに計測してみたら、70kgに。記憶が定かでないし、体重計もあまりのらないので正確ではないが、1年前から5kg痩せたことになる。どうしたんだろうと振り返ってみたら、いろいろ気づいたことがあった。

私は特に体重を意識してはいないので、体重という面からは、食事制限も運動もしていない。ただ、食事制限に関しては、制限はしていないが、食べる量は減っていたのかもしれないと気づいた。

それは何かというと、昨年の、どのタイミングかは忘れたが、時間どおりに食べることを辞めたのである。それまでは、朝食、昼食、夕食としっかりと食事ととっていた。それは、おなかがすいているとか、すいていないにかかわらず、とにかく時間来たらが食べていた。まさに、飼育されている牛や鳥たちのようにw これ無意識だったから気づかなかったのだ。そこで、時間通りに食べるのを辞めた。で、どうしたかというと、おなかがすいたら食べるようにした。

最初のうちは、時間が来たら食べる、という意識が働いていたのもあり、簡単には変化はあらわれなかったが、「まあ、食べても食べなくてもどっちでもいい」という意識を外さないようにしていると、そのうち昼食を抜いたり、朝食を抜いたりし始めた。ちなみに夕食は、家族とのコミュニケーションや会食もあり、好きなだけ飲み食いしているw

それと、レイキを学び始めたのが大きかったのではないかと感じている。レイキをはじめると、内側のエネルギーを感じて日々の生活をおくるようになる。すると、食べても食べなくてもどっちでもよくなるのだ。これは想像の域をでないが、レイキはエネルギーとつながると身体が調和していくと考えている。レイキエネルギーに触れ続けると、身体が調和していく。つまり、身体も適切な状態に還っていくという考え方である。

なので、私の体重が減ったのは、「時間通りに食べることを辞めた」と「レイキ」が影響していると感じた。ただ、体重はその人にとって適切であることが何より大切だと感じている。