日本茶とビールのコラボが生まれたきっかけ 【茶舗麦酒】

日本茶を使ったビールを造るきっかけとなったのは、2015年。当時、商品開発にご協力いただいていた福留さんから、常陸野ネストビールさんをご紹介いただいたのが縁でした。

面白半分で福留さんの常陸野ネストさん訪問についていき、常陸野ネストさんの手作り工房でお茶を使ったビールを造ったのが初めてでした。お茶に携わるようになってから、個人的な趣味でお酒を造りたいと思っていたので、とても幸せw 自分が飲みたいと思うお酒を自分で造って、それを自分で楽しめるなんてw

常陸野ネストさんはもともとが日本酒蔵なので、ビールを造った後は、工場内のそば屋な嘉屋で日本酒を飲みながら、ビール談義をして楽しみました。

ほうじ茶エール試作品

お酒が好きな私は、それまで、お茶を使った焼酎を造れないか鹿児島県内の焼酎メーカーさんと相談したり、ジンにお茶を漬け込んでカクテルを作ったり。お茶の一つの可能性として、何かできないか?とずっと思っていた。ただ、この時は、ビールできるのね!面白い!で終わっていました。

ずっと、日本茶×ビールが頭にあった私は、事あるごとにその話をしていました。すると、株式会社下堂園のインターンシップ説明会に来ていた学生がビールづくりに興味を持ったのです。彼は、クラフトビールが大好きで、このプロジェクトに参加してくれることに。

何だかんだではじまった、日本茶×ビールの可能性の模索。正直最初は、ビールを造る段階で日本茶を入れればいいのでは?ぐらいの軽い気持ちではじめてましたw ではじめたのが、インフューズドビールを造れる機械を購入して、まずは日本茶×ビールの傾向を知ることに。

常陸野ネストビールでの試作

それから、常陸野ネストビールさんの手作り工房にお伺いして、担当の方と相談しながらとりあえず造ってみる。ところがどっこい。全然美味しくないw もちろん手作り工房なので、設備的な問題もありますが、それよりも、どのお茶を使用するのか?ビールスタイルはどうするのか?ホップは?どのタイミングで、どの程度お茶をいれるのか?いや~っ!奥が深いw

なので、造り始めたころは、この日本茶×ビールの難しさを知る経験をたくさんさせていただきました。