ブログ開設までの旅路

昨日、2018年1月31日にブログデビュー。粛々と日々の気づきを綴りたい。そして、100%の自分で世界と混ざっていこうと願っています。

昨日のモノクロさんとのブログ開設の流れも書きたいのですが、その前に、ブログ開設までの私の旅路を記してみたい。

 

硬い表情のはじじ

あらためて、昨日の顔写真を見ると、表情硬いね~(笑)まあ、久しぶりに思考フル回転で点に向かう集中力を発揮した感じだったからね。

昨年一年間は、自分の中で大きなシフトが起こった年でした。もちろんこのままでもよいのだが、何かね?っていうのが、20代後半からず~っと続いていて、それが2017年一気に噴き出した感じ(笑)

この10年、自分には何かが足りないともがき、さまざまな可能性を模索してきました。もがいているうちに、信頼できる、兄貴と再会し、一気に自分へ向けて加速したような1年間でした。

3代目予定の後継経営者として、常に何かが足りない、何かが足りないと外側に答えを探し続けた。だから社会的な活動を一生懸命やった時期もあったし、学ぶために企業訪問をやり続けたこともあったなぁ~。立派な経営者にならなくては。誰からも愛される人にならなくては。ちゃんとしなくちゃ。そんな呪い(自分でかけてたんだけどね(笑))に翻弄され続け生きた。

だけどもう、や~めたっ!(笑)

必死に体に力を入れ、がんばんなきゃ、がんばんなきゃ、って。おれ、何を頑張ってるんだろう(笑)

肚につながり、本当の自分、自分自身が経験したいことを、素直に経験できるように。

そんなプロセスを内側で経験していたら、たっちーに気づいた(笑)そこにいたのね!みたいな。

たっちーと鹿児島で鮨を食べる

たっちーとは、コミュニケーションエナジーのMT研修で同級生。鹿児島にわざわざ遊びに来てくれて一緒に鮨を食い、ワインを飲みに行ったこともあったし、プロブロガーとして活動されていたことも知っていたけど、気にならず(笑)

だけど、内側のプロセスが進んだら、気になっちゃった。縁、あるのね。

まったくコンタクト取っていなかったのに、2017年年末に突然メッセンジャーで、「たっちーのB塾受講したい」と連絡を入れてみる。

そしたら、ものくろさんを紹介していただいてブログを開設する運びとなりましたとさ。ちゃんちゃん(笑)

こんな感じで私のブログはスタートしました。