コスパ抜群のロゼ! コスティエール ド ニーム ロゼ キュヴェ トラディション2016【ロゼ・フランス】

ロゼって、そもそも人生のうちの何回飲んだことがあるだろうか?と、記憶にないほど、ロゼは飲んだことがない。なので、そもそもロゼが美味しいとか、美味しくないとかの基準がない。

今回、新入荷が並ぶ岡山酒店に足を運んだ時に、一番に目に飛び込んできたのが、このロゼ。しかも、1,000円代中盤の価格帯。試すにはもってこいだ。ただ、ロゼは経験値がほぼないので、お店の方にどんなワインなのか聞いてみた。

お店の方のコメントはこんな感じ。「ロゼって難しいんですよね~。だけど、この価格でこの品質は買いですよ。しかもどんな御料理にも合いますよ。」

岡山酒店では、春に向けてロゼの品ぞろえをしているのだとか。しかも、1,000円代で良い感じの白ワインがないらしく(僕ら一通り飲んじゃってるので、このコメントなんだと思われますw)、その代わりにこのロゼを仕入れたのだとか。

コスティエール ド ニーム ロゼ キュヴェ トラディション2016

実際試してみると、まず最初に感じたのは、注いだだけで気分が上がることw 白と赤って慣れてるんだけど、ロゼのあの透明なピンクな感じは、テーブルにあるだけで、食卓がぐっと華やかになる。

これは、ロゼを飲んだことがないことによるものだと感じているが、最初香りをかいだ時、口に含んだ時は、正直う~ん。だった。よくわからないのだ。

ただ、う~ん。と思いながらも、だんだん慣れてくると、飲みやすく、食事を邪魔せず、気づいたらボトルが空いているというw これ、飲みすぎなのではなく、我が家での美味しいワインの判別方法の一つw ボトルが空くスピードが速いこと。これ大事。ちなみに、私が不在の時に、万里子が最後ボトルを空けたのだが、その時のコメントが「量が足りないw」。まあ、それぐらい美味しかったということですねw

これから暖かくなってくる春から、夏の暑い時期まで、グビグビ飲めて、気分が上がるロゼワインとしておすすめです。

 

株式会社稲葉WEB情報

コスティエール ド ニーム ロゼ キュヴェ トラディション