知覧茶ビールの、いわて蔵試作第1号が最高に好きだったのに、商品レシピとして採用されなかった件【茶舗麦酒・知覧茶ビール】

2017年6月7日の1回目から試作を重ねてきた結果、知覧茶ビールが完成しました。しかし、私一押しのレシピは採用されなかったw

今回は、前回の記事の時にどんなビールができたのかのお話。前回の記事はこちら。

知覧茶ビールでは、株式会社下堂園の看板商品である「千両」を緑茶の原料として使用することにした。「千両」とは、「ゆたかみどり」という品種を100%使用した自社のオリジナルブランドで、この「ゆたかみどり」を強く焙煎することで、独自の甘みと香りを引き出した緑茶である。

ただ、その「千両」の香りや味わいを引き出すのに、どのようなビアスタイルが良いのか?合わせるホップは何が良いのか?そして、どのタイミングで緑茶を投入すれば良いのか?このあたりが、試作で検討する内容だった。

試作1回目は、セッションIPAを意識して(個人的にこのスタイルが好きなのでw)造ることに。麦芽はペールモルトを使用。アルコール度数は5%に。そして、ホップはビタリングでナゲット。アロマリングでエキノックス。今回は、ドライホッピングを採用し、そこでもエキノックスを使用した。

で、このレシピの最大の特徴と言えるのが「ドライチャッピング」(ドルフィンインダストリーさんに命名いただきましたw)。 つまり、ドライホッピングの要領でお茶を漬け込むということ。

 

茶舗麦酒・知覧茶ビール 試作第一号

でだっ。出来上がった知覧茶エールは、最高だった。私的に。

パッションフルーツや柑橘系の香りが、緑茶とビールの香りと相まって、フルーティーな香り。少し酸味を感じさせるのも、さわやかさを引き立てる。また、千両の甘い香りと強い焙煎香がビールの奥に感じられた。しかも、5%と軽めのアルコールにしていることもあり、とても飲みやすく、なんとも華やかなビールに仕上がったのだ。しかも、温度が上がってくると、桃ジュースを思い出させるような、甘く上品なビールへの変貌していくのだ。

こんなに素晴らしいビールなのに、採用されなかった。残念。

まあ、担当者が頑固だからしょうがないw どうしても、もっと日本茶の香りを出したかったんだって。それなら、しょうがないか。

いつか、限定バージョンで醸造してくれるよう、今から担当者に吹き込んでいる。頼む。