香料を使わない、塩漬けの桜茶じゃない桜茶を作りたい

桜の香りが御縁で訪問することになった新潟県五泉市。今回、頼りにさせていただいたのは、五泉市観光協会の尾坂さん。

五泉市の桜と御縁をいただいたきっかけは、前回の記事を参考に。

五泉駅に到着すると協会の小野さんが出迎えてくれて、その足で五泉市役所にお伺いすることに。市役所では、五泉市のことや、今回の真空低温乾燥事業のお話をお伺いしました。

五泉市は、花の町で五泉四華というお花がとても有名なんだそう。水芭蕉、桜、チューリップ、牡丹が五泉四華。春から夏にかけて、時期を違えて咲き乱れるのだそうです。で、五泉市では、なんとかこの花を特産品にできないかと、すべての花の可能性を模索。真空低温乾燥により、それぞれ成分分析や機能性評価を行ったそうです。その中でも、機能性が高かったのが、今回の五泉市の八重桜。

桜の抽出液には、抗酸化作用や抗ストレス作用のある成分が確認され、現在では、ハンドジェルやハンドクリームとして商品化されています。

新潟県五泉市の風景

せっかく五泉市を訪問したのに、写真を撮っておらず、後悔w ご紹介できる写真がほとんどないw これは、新潟市から五泉市へ向かう車窓の風景。

市役所でお話をお伺いした後は、現在建設中の乾燥工場兼特産品販売所を訪問させていただきました。工場は、日本さくら名所百選にも選ばれている村松公園の中に建設中。3月中に完成予定だそうです。

今回、お譲りいただいた桜の乾燥物は、2017年収穫された桜の花びら。桜は、八重桜が香りが一番高いそうで、今回のものも八重桜。昨年のものもなので、香りが飛んでいないか心配でしたが、匂いフェチ的には全然大丈夫w

工場を視察後、会食にお誘いいただいたのに、その時の写真もなしw

のどぐろや五泉市の美味しいお食事をいただいたのですが、私的には何といっても地酒w 菅名岳、越後杜氏、鹿六などなど。桜茶が御縁で、その土地とのつながりができる。最高です。五泉市のみなさん、ありがとうござました。

五泉駅で酔っ払い

これは、会食の後、一人、五泉駅で自撮り。ただの酔っぱらいですw