10年ぶりのスノーボード・ボディメンテナンス編

10年ぶりにスノーボードに行くことになり、着々と準備を進めている。今回は、体の準備について。

前回の記事はこちら。

娘の準備

宿の手配や道具の手入れを終わらせ、その後、娘のウェアーなどの手配を行った。1歳6か月なので、現地でのスクールに参加することはどうやらできないようなので、今回は雪遊びがメインになる予感。そこで、雪対応のシューズと上下ウェアーおよびダウンジャケットをゲット。

娘のブーツ

まあ、子供の準備をしているときは、娘のためというのもあるが、どちらかというと親の楽しみという感じが強いw 娘に新しい靴や服を着せて楽しんでいるのは、私たち親ですw まあ、これも新しい土地に旅行に行く楽しみということで。

スノーボードのための体の準備

で、今回の準備のメインは体。今、私はほとんど運動をしていないw なので、今のままスノーボードに行ったときに、果たして楽しく滑れるか心配なのだ。

と、いうのも、初めてスノーボードをした19歳の頃。私が大学1年生だ。当時の私は、友達がみんな首都圏出身で、みんなスノーボード経験者。東京に出て初めての冬、彼らにスノーボードに誘われた。今から20年前である。

当然、初心者だった私は、後ろに前に、横に縦にとにかく転びまくり。まあ、スノーボードは転んで覚えろと言われるのを、そのまんまやった感じ。で、次の日の朝。体を起こせないほど全身が筋肉痛になったのだ。首すら上げられない。でも、丸2日間滑りまくったのを覚えている。ほとんど転んでたけどw

こんな記憶があるので、今の体の状態で、果たしてスノーボードを楽しめるのか?というのが私の中にあるのだ。まあ、なるようになるさというのもあるが、せっかく行くのだから、めいっぱい、気持ちよく滑れるように体を作っていきたいというのがあるのだ。

楽しむためのトレーニング

階段登り

そこで、はじめたのが階段登り。私の家はマンションで、16階にある。これを1階から登っていくのだ。このトレーニングは、30歳の頃、六甲縦走を12時間以内で走破するというチャレンジをして以来である。

といっても、まだ2回しかやっていないw まあ、気楽に思い出したときにやろうと思っている。で、このトレーニングで足腰を強化しようと思っている。スノーボードは、全身運動なのだが、特に足腰への負担がすごい。リフトを降りてから、滑り降りるまでずっと膝を曲げた状態でいるのだ。

ちなみに、30歳の時はこれを毎日2往復やっていたが、今は1往復で息が上がり、筋肉痛が2日後にやってくるというありさまであるw