鹿児島市内を半日で楽しむ弾丸ツアー

3月22日~25日に万里子の長女が彼氏と鹿児島に遊びに来ていた。二人とも20代前半で、彼氏は初鹿児島。そこで、24日に半日で鹿児島を体験するツアーに行くことに。40代前後の私たち夫婦と1歳6か月の娘。そして、20代前半のカップル5人のツアーとなりました。

桜島で錦江湾を眺めながら足湯で癒す

まずは10時に家を出発して、地元の神様にごあいさつ。 5人で照国神社に。

それから、桜島フェリーに乗って、いざ桜島へ。フェリーの中で鹿児島名物桜島フェリーうどんを。これ、美味しいんだけど、美味しいから食べるんじゃなくて、鹿児島の人にとっては儀式みたいなもんでw 乗ったら食べる。これね。

だけど桜島まで15分しかなくて、1歳6か月の娘がいる私たちにとっては、時間が足りないw 私たちは早食いになり、娘は満足に食べきれずw まあ、儀式だから食べることに意味があるw

桜島溶岩なぎさ公園の足湯

それから、桜島でお目当ての溶岩なぎさ公園の足湯へ。この日は土曜日。海外の観光客の方々が多かったな~ 桜島をバックに、錦江湾を渡る桜島フェリーを眺めながら入る足湯は最高。

桜島なぎさ公園の足湯から眺める錦江湾

桜島なぎさ公園の足湯

30分くらいゆっくりしたら、そのまま桜島フェリーへ。ちなみに、溶岩なぎさ公園はフェリー乗り場のすぐ隣なので近くて便利。あと、もちろん足湯なのでタオル持って行った方が便利。

ちなみに、アイキャッチ画像は足湯につかりながら、その縁のデッキでまったりとしている様子。これ、最高。

鹿児島市内のソウルフードで心を癒す

そのあとは、磯海水浴場の手前にある両棒餅を食べに中川家へ。両棒餅って、私にとっては小学生の頃の夏の思い出の味。磯海水浴場に泳ぎに来て、そのまま食べて帰るみたいな。海水浴と両棒餅はセット。だから、中川家に来るようになったのは社会人になってから。小学生の頃までは、シャワールームや更衣室が併設してある両棒餅家に通っていた。名前忘れちゃったw

4人で(娘はこの時寝ていた)12本入り500円を2皿頼んでペロリ。久しぶりで美味しく、特に一緒に出てくる漬物とお茶が最高。甘いと塩辛いを交互にお茶とともに楽しむ。

で、途中で夕食の買い出しのために、私たち家族の定番コースの岡山酒店鮮度市場北ふ頭店へ。

そのあとは、白熊を食べに「むじゃき」に。まあ、ここは定番ということで。それにしても、テイクアウト待ち?もしくは1階入店待ちの行列がすごかった。私たちは2階へ。白熊ベビーと白熊ベビーとぜんざいのセットを。こちらも久しぶりだったが、美味しかった。

以上が半日鹿児島市内弾丸ツアーだが、それにしても食べ物の写真撮らないな~w