耳のデキモノをクレイで癒す 5日目

耳の痺れ、痛みを感じて5日目。睡眠時も痛みを感じて目を覚ますことはなくなったし、耳に触れてもデキモノがあることを忘れるくらいの状態までなってきた。

ここまでの経緯の記事はこちら。

本日は、朝クレイを塗る時間がなかったので、夕方にやることに。

耳のイボの状態

状態としては、昼間に耳が気になり患部を触ったときに、かさぶたが剥がれてしまい、少し体液が出てきている状態。

患部周辺だけにホワイトカオリンを塗布

そこで昨日と同様、ホワイトカオリンを塗ることに。今回は、全体の痺れや痛み、熱を持っている感じもなかったので、デキモノのあった患部周辺だけ塗ることにした。

今回も、塗布していることを忘れるくらい快適で、ひんやりとして気持ちが良かった。

傷口の状態

30分経過後。患部は乾いて最初の頃のイボがわからないようになった。あとは、膿が出てきた傷口ぐらいの状態になっている。

2日目の朝の状態

上の画像は、2日目の朝の状態。比較してみても、腫れが引いてきているのがわかる。とにかく耳の痛みと痺れがなくなってきたことがうれしい。

6日目は、クレイを塗ることはせず、ホワイトカオリンを粉の状態で耳に少しつけるだけに。もう、全快も近い。