体にワインが染み込んでいく マルヴァジア フリッツァンテ セッコ カミッロ ドナーティ2016【白・イタリア】

ドゥジェームの記念すべき1本目の購入ワインは、マルヴァジア フリッツァンテ セッコ カミッロ ドナーティ2016。一気に一本飲み切ってしまっても、まったく酔った感じがなく、美味しく、気持ちよく過ごせる1本。

「すっきりとした泡のオススメありますか?」と西さんにお伺いして、おすすめいただいたのがこちらのワイン。微炭酸で、すっきりと飲めるとのことで購入することに。お値段は2,000円代。

マルヴァジア フリッツァンテ セッコ カミッロ ドナーティ2016 色

で、さっそく帰ってから飲んでみると、なんとオレンジワイン。色が美しい。

EUのビオマーク

オーガニック特有の、あの有機肥料の香りと言うか、土の香りと言うか。大地のエネルギーがアロマとしてワインに凝縮されている感じ。上品と言うよりは、荒々しく、粗削りであるが、パワーみなぎる。しかし、飲み口はとてもスムースで心地よく、身体に染み込んでいく感じ。私が西さんにオススメいただくワインが好きな理由の一つがこの身体に染み込んでいく感じ。通常売られているワインと明らかに喉越しというか、喉の通りというか、スムースさが全然ちがう。

ちなみに、1本、万里子と二人でペロッと飲んでしまった。万里子はあまり、この荒々しさや、土の香りっぽいアロマがあまり好きではないようで。まあ、ほとんど私が飲みましたけどね。

身体の喜び方というか、酔い方が、その辺のワインとは全然違うので、ぜひ。