後継者が思う事業継承の難しさ

今なら、前より少し理解できるようになった、事業継承の難しさ。以前は、事業継承は難しいとかどうかじゃない、やるだけだよ。そう思って、自分に蓋をしていたからよくわからなかったという感じ。

今なら、前より理解できる。事業継承の難しさが。

経営者が変わるということは、会社が変わるということ

まず、そもそも経営者が変わるので、難しい。その経営者は、いかに親子と言えども、別人である。見た目も、性格も、考え方も、もっている本質も、あたりまえだが違う性質を持った人が、経営者になるのである。

そりゃ大変だよ。本人も、社内にいる人も。今まで正しかったことが、正しくなくなったり、いいと思ってやっていたことが違ったりと、いろいろ起こる。だから、まず難しい。

後継者が本当に後継したいと思っているか?

そして、これが事業継承の本質的な難しさだと思うのだが、後継する者が、楽しんで後継したいと本当に思っているのか?ということが一番の難しさを起こしている気がする。

どういうことかというと、後継する者の多くは、後継することを期待されて後継することになる。なので、前任者が素晴らしいと社会的に認められていたり、優秀だとされる経営者だと、その影が多かれ少なかれ、後継者に影響を与えることになる。

期待に応えなきゃいけないと感じ、無理に頑張ったり、常に前任者と比較されているような錯覚に陥り、何とか前任者を目に見える形で越えなくてはいけないと自らにプレッシャーをかける感じになる。

私は、そうだったからよくわかる。

ちゃんと後継しないといけないと自分を奮い立たせると辛くなってくる

現社長の父は、社会的に素晴らしい経営者であるとの評価を受けていると私は感じている。なので、気にしないように意識していたが、気にしないようにしているということは、気にしているということである。なので、この影響力は抜群なのである。

だから、無理して頑張ってきた。

だが、気づいてしまったのだ。本当は、あまり後継したいと思っていないと。後継するというと、縛られる感じがするし、自由が奪われる感じがする。私はもっと自由に自分を生きたいと願っていると。

今は、後継してもいいし、後継しなくてもいいと思っている。継がれてきたものは、承りますよ、ぐらいの感じで。

後継する者が自分に素直になろう

話を戻すと、この後継する者が、枠の中で、枠通りにやらなくてはならないという呪縛から己を解き放つことができるかどうかが、後継の難しさを解消するのではないかと感じている。

後継は、難しくない。継がれてきたものを、ただ承るだけである。頑張らないといけなく、業績を上げないと自分に価値はなく、良い会社にしないと後継者失格で、と思っているのは誰か?ということである。そう、それは私。

それぐらいの内側で後継しないと、可能性が広がらない。受け継いで経営するのは、一つの選択肢であることに気づけない。

後継者だからと言ってがんばる必要はない、ただあるだけである

後継する者の内側が整えば、後継の難しさは少しは解消されるのかもしれない。まあ、この難しさが、後継する者とされる者の内側を試すために、その人が経験したいことをさせるために、用意された壁みたいなものだともいえるけどね。

その壁は、やはり内側の具合だと。

後継する者も、ちゃんとしないといけないわけではない。自分らしく、自分を表現できる。

自分に還ろう。