お茶屋さんが美味しくお茶を仕上げても、家で美味しく淹れられなかったら意味がない「自宅で美味しくお茶を淹れる」を考える ~湯冷まし編~

鹿児島中央製茶株式会社の代表取締役に就任するにあたり、頭の片隅にこびりついていることがある。それは、どんなに美味しくお茶を仕上げても、お茶を飲む人が美味しく淹れられなかったら、意味ないじゃん、ということ。

同じ農産加工品のワインは、もちろんソムリエがいて、飲み頃を見極め、適した保存をして美味しい状態で提供してくれるのだが、基本的には保存さえしっかりしていれば、コルクを開けてグラスに注げば美味しく飲める。

しかし、お茶はコーヒーと同様に、家で楽しむ場合、茶葉の量、茶葉の種類、お湯の量、お湯の温度、水質、抽出時間、淹れるモノで味が変わってしまう。

なので、お茶が好きな方がよく言うのが「お茶屋さんで飲むお茶は美味しい」と。

もちろん、それはそれでうれしいのだが、果たしてそれで良いのかと?

そこで、お茶を家で楽しむときの完璧なマニュアルを作ったら面白いのではないかと、先日知り合いからアドバイスをいただいた。だれでも、完璧にお茶屋さんが淹れるお茶を再現できたとしたら、それは双方にとって幸せなのではないかと。

そこで、目を付けたのがティファールのお湯の温度をコントロールできるやつ。「ティファール 電気ケトル 0.8L アプレシア エージー・プラス コントロール」

日本茶は、熱湯で飲むように設定されていない。もちろん、ほうじ茶や玄米茶など、熱湯で飲んだ方が美味しいお茶もある。しかし、多くの日本茶は湯冷ましが必要である。

ただ、この湯冷ましがめんどくさい。一度沸騰させたお湯を、その茶葉が美味しく飲めると思われる温度まで、あの手この手で下げる必要があるのだ。美味しく飲むためにはしょうがないと理解しているのであるが、これがひと手間なのである。

そこで、このティファールを使えば、朝、目が覚めて最適な温度にお湯を数秒で沸かし、すぐに日本茶を飲むことができる。湯冷ましの時間を短縮することができるのだ。

これは試してみる必要があるが、最近は水道に浄水器がついているのが当たり前になり、ウォーターサーバーを準備している家も増えてきたから、沸騰させてカルキをとばす必要もなくなってきたのではないかと思っている。

この比較実験は次回に譲るとして、感覚でお茶を美味しく淹れる方法を学ぶのも大切だと思うが、現代の先端家電や技術を利用して、美味しくお茶を飲むプロセスを開発するのが面白いのではないかと、勝手にニヤニヤしている。