博多フランス菓子「16区」のダックワースが最高

博多で打ち合わせがあり、その打ち合わせ場所に指定されたのが、このフランス菓子16区。先方の評価がとても高く、私がきっと気に入るはずだからと、この場所を選んでいただきました。

博多駅から58番線のバスで薬院交番前まで移動。そこから徒歩で3分くらいの場所に16区はあります。

フランス菓子16区の駐車場

最初にびっくりしたのが、歩いていると16区の広めの駐車場を発見。このサイズの駐車場があるお菓子屋さんだから、期待が高まります。

16区に到着。先方から事前に、1階でお菓子を選んで2階に上がってくださいと言われていたので、まずは1階でお菓子を選ぶことに。

しかし、これ先にシステムを聞いておかないと、迷うかも。入口右にエレベーターがあるのだが、上がりにくい。私は、ここか?と迷い、外に出て外から2階に上がる入口を探したぐらいです。

博多フランス菓子16区のダックワース

16区はダックワースを日本にはじめて紹介したお店らしく、ディスプレイにもダックワースが場所をとって紹介されていました。

ただ、ケーキも食べたかったので、2個は多いよ~と思いながら、しょうがなくダックワース2個入りを1袋とカシスケーキを頼んで2階へ。

博多フランス菓子16区の2階喫茶室で

2階はカウンターのみ12席の喫茶室。外向きのガラスに面しているので、開放感抜群の気持ちの良い喫茶ルーム。2階では、ドリンクをオーダー。

博多フランス菓子16区のダックワース

早速ダックワースをいただくことに。このダックワースが軽いのなんのって。パクパクいけちゃう。そりゃ1袋に2個入っているわけです。外側はパリッと、中にはアーモンドクリームが程よい甘さで、絶妙のバランス。2個は多いよ~と思ったことに、ごめんなさいとつぶやきながら、2個目もぺろりといただきました。

2個入り1袋で400円と高めだが、これは食べる価値あり。

博多フランス菓子16区のブルーベリーパイ

帰りにダックワースとブルーベリーパイをお土産に購入。

博多フランス菓子16区のブルーベリーパイ

自宅でブルーベリーパイを温めて食べてみたのですが、これまたうまい。1個432円に価値あり。中には、びっしりブルーベリーがつまっていて、贅沢な感じ。ブルーベリーの甘さを十分に引き出し、甘すぎず、そして外側のパイとのバランスがナイス。これまた、何個でもいけちゃう感じのスイーツです。

ステキなスイーツと出会えました。