bonaVITA (ボナヴィータ)電気ケトルが到着!湯冷ましなしで、手軽に美味しくお茶を淹れる

bonaVITA (ボナヴィータ)電気ケトルが到着した。これを購入したのは、前回のティファール電気ケトルの反省から。

前回の記事はこちら。

これ、温度調整機能付きの電気ケトルの可能性を感じさせてくれた商品なのだが、プラスチックの香りがすることと、注ぎ口が大きくてお湯がこぼれて使いづらいのだ。

で、今回購入したのがbonaVITA (ボナヴィータ)電気ケトルというわけ。

bonaVITA (ボナヴィータ)電気ケトル

ティファールの弱点である、注ぎ口と素材については、このbonaVITA (ボナヴィータ)は、クリアー。注ぎ口は細くてお湯を注ぎたい場所を狙える感じだし、素材はステンレス。

bonaVITA (ボナヴィータ)電気ケトル温度調節機能

bonaVITA (ボナヴィータ)電気ケトル保温機能

温度調節ができる点や1時間の保温ができるのは、ティファールと同じ機能。

それ以外の機能としては、まず1度単位で温度調節ができる点。個人的には、すごくマニアックな機能だと思う。だって、一般の人で1度単位で温度にこだわる人はいないはず。だから、多くのバリスタが使うケトルなんだろうね。ただ、私はうれしい。

bonaVITA (ボナヴィータ)電気ケトル

bonaVITA (ボナヴィータ)電気ケトルカウントアップタイマー機能

他には、蒸らし時間を計測できる点。これは、個人的には、スケールで対応しようと考えていたが、bonaVITA (ボナヴィータ)には機能がついている。ケトルをベースユニットから外し、+ボタンを押すとカウントアップがスタート。ケトルをベースに戻すとストップする仕組み。道具が限られる場合には、とても便利な機能だと思う。

bonaVITA (ボナヴィータ)は、ティーライフの最高のパートナーになってくれそう。

bonaVITA (ボナヴィータ)電気ケトル

それにしても、ベースユニットの防水カバーはなんとなならなかったのかな~ 個人的には、ちょっとカッコ悪い感じ。