カセ レゼルヴァ ドウロ ティント 【赤・ポルトガル】

私と嫁の体の半分は、ワインでできていますw

それぐらい、私と嫁はワインが大好き。二人の楽しみの一つが、一緒にワインを買いに行き、それを家で楽しむこと。これが最高のリラックスタイム。

だけど、毎日のようにワインを飲んでいるから、あまり高いワインは飲めない。それでも、自分たちが美味しいと思うワインを飲みたい。なので、今は、1,000円代で美味しいワインを探すことが最高に楽しい。

どんな風に調達し、どうやって選んでいるのかは次回に譲るとして、今回は最近はまっているカセをご紹介。

我々のワイン調達先の一つである岡山酒店に通っていると、店主が最近ポルトガルおしだとw ポルトガルのワイン、飲んだことないw ポルトガルって、ワイン作ってたんだwぐらいの感じ。よくよく話をお伺いすると、ポルトガルはポートワインの原料としてワインを作っているのだとか。ポートワインとは酒精を強化したワインのこと。ポルトガルの特産品だそうです。そんな中で、これからは自分たちでもしっかりとワインとして販売していこうと、国が力を入れているのだとか。

カセ レゼルヴァ ドウロ ティント 裏ラベル

そこで、このカセをすすめられたのですが、何といってもわかりやすくて、美味しい。このわかりやすいっていうのが、我々のツボなのだが、言葉では説明しにくいw そしてがぶがぶ飲めちゃう。

チョコレートのような、カシスのような、濃厚な果実実あふれる感じの最初の印象。それでいて、くどくなく、すっと喉元を過ぎる感じ。この、濃厚なボディーの感じと、喉元のスムースさ。これなんですよ。これっw

あああ~っ。感覚だから、文章ではうまく伝えられないw

ここ最近では、おすすめの1,000円代で購入した赤ワインです。

 

株式会社稲葉WEB情報

カセ レゼルヴァ ドウロ ティント