オルキデアとは蘭の花の意味 まさにその名のとおり1,000円代前半で最高のコスパ白ワイン オルキデア2016【白・スペイン】

前回購入した、メディオディアロサード2017とクアトロシエントスクリアンサ2015の話で岡山酒店の方と盛り上がりました。

メディオディアロサード2017とクアトロシエントスクリアンサ2015の記事はこちら。

特にクアトロシエントスクリアンサ2014と2015の違いについては、そのワインが持つニュアンスについて、お互いの持っている感性や表現方法、感じ方を統合するように話ができて楽しかった。

ワインは、嗜好品なのでその感じ方は人によってもちろん違う。それをお互いの嗅覚、味覚を通した身体感覚と感性を統合していくプロセスは、私にとってのワインの楽しみ方の一つと言える。

クアトロシエントスクリアンサでひとしきり話が盛り上がった後、「ところで、これの白飲んだことあります?」と取り出してきたのが、このオルキデア2016。

加えて、「この造り手は、もともと赤よりも白とロゼの作りがうまいんです」と。

こんなこと言われたら、飲んでみるでしょ。しかも、1,000円代前半。

オルキデア2016裏ラベル

これまでのワインブログ記事を振り返ってみると、白ワインの記事が一番少ない。それぐらい納得いく白ワインが少なかったのだと思う。

オルキデアは、それぐらいうまかった。

蘭の花の名前を冠しているに恥じない、花と口いっぱいにひろがるフローラルな香りはもちろん。

私が感動したのは、その味わいのバランス。フルーティーな香りと、心地よい酸、喉越し、飲んだ後に残る深みと余韻。このバランスが絶妙で、気づいたら瓶が空っぽになる感じのワイン。

オルキデア2016ボトルデザイン

デザインも可愛いので、赤、白、ロゼ、3本揃えて楽しむのもいいかも。

株式会社稲葉WEB情報
オルキデア2016